私って敏感肌?今すぐチェック!

そもそも、敏感肌ってどんな肌?

冬になるとカサカサ、ムズムズと肌の調子がイマイチ…。
「化粧水がピリピリ感じる」
「保湿しても追いつかない」
「洗顔後に肌がつっぱる」
「できてしまった吹き出物が治りにくい」などなど、
これらの症状は敏感肌に近づいているサイン。もしかして見て見ぬふりをしていませんか?

「でも敏感肌ってどういうこと…?」と、自分の肌が敏感肌なのかわからない人も多いはず。

そもそも敏感肌とはいったいどんな状態のことを言うのでしょうか。

肌には外的刺激から守るためのバリア機能が備わっていますが、急激な気温や湿度などの変化などによってそのバリア機能がうまく働かない状態に。
すなわち肌のうるおいが外に逃げやすくなってしまっているため、外的刺激の影響を受けやすくなってしまうのです。

そう、この潤いがなくトラブルが起こりやすい状態こそが敏感肌!
さらに、食生活の乱れや睡眠不足、ホルモンが不安定になる生理前後やストレス過多などによる自律神経の乱れも敏感肌の原因になってしまいます。

そこで早速、敏感肌チェックを行ってみましょう!
次の項目で自分の肌に当てはまるものをチェック!
数が多いほど敏感肌の可能性があるので、ぜひ生活習慣を見直してくださいね。

 

敏感肌チェックに早速チャレンジ!

「私ってもしかして敏感肌?」と不安な人は、以下の項目にいくつ当てはまるかチェックしてみましょう。あなたの敏感肌度の目安にきっとなるはず。

【敏感肌チェック表】
□ いつも使っている化粧品で、時々赤くなったり、腫れたりすることがある
□ いつも使っている化粧品で、たまに痒くなったりピリピリと刺激を感じることがある
□ フェイスラインの肌荒れが気になる
□ メイクのノリが悪く、化粧崩れしやすい
□ 季節の変わり目に、肌の状態が不安定になることがある
□ 急に寒くなったり、日光に当たると赤く湿疹のようなものができる
□ 秋から冬にかけて、肌が乾燥して皮がむけたり、粉をふいたようになることがある
□ スポーツの後など汗をかくと、肌がムズ痒くなる
□ かなりストレスがたまっていると思う
□ いつも睡眠不足だと思う
□ 外食が多いと思う
□ 仕事疲れが激しいほうだと思う

【判定】
3個以下 → 敏感肌の心配はなし!
これからのケア次第ですぐに肌は安定します。このままスキンケアを続けて健やかな肌を保ちましょう。

4〜7個 → 敏感肌予備軍かも…注意が必要です
ちょっとした刺激などで肌の調子が悪くなってしまうので、あなたの肌の回復を高めるケアをするための化粧品選びを慎重に行わないといけないかも…。

8個以上 → 敏感肌の可能性大!早急に正しいケアを
まずは化粧品を見直すことから始めましょう。自己流でケアすると逆効果になることもありますので、正しい知識と方法で解消していきましょう。

あくまでも参考なので、必ずしも判定の結果が正しいとは限りません。
数が少ない人も多い人もしっかり肌をケアしてあげることが大切です。

まずはたっぷりのうるおいで肌内部の隙間を埋めて、刺激を寄せつけない強い肌の土台を整えましょう!

新年、明けましておめでとうございます。

2018年、女性に嬉しい美容情報をどんどん配信していきます!

明けましておめでとうございます!

昨年から始まったブログも皆様のおかげで新しい年を迎えることができました。
本年度もどうぞよろしくお願い致します!

私たちが着目しているじゃばらの魅力は、まだまだたくさん隠れています。
肌に悩みがある、コンプレックスがある女性の方々の少しでもお役にたてるように、そして皆さんが少しでも笑顔になれるように、私たちは強いバイタリティを持つじゃばらの力を発信していきます。

私たちもじゃばらのようにやさしく、力強く、皆さんに寄り添えますように。

2018年、一緒に美しく健康的な肌を目指しましょう!

 

じゃばらを生み出した北山村ってどんなところ?

昨年からじゃばらを名産とする北山村にクローズアップし、実際に訪問までさせていただきましたが、豊かな自然や親切な村の人たちなど、じゃばらと同じくとても魅力的な場所でした。そこで少し北山村の風土や文化をご紹介します。

まず北山村の気候ですが、温暖多雨で年平均気温が15.2度、海岸部に比べ寒暖の差が大きく、地勢気候上から生食用普通柑橘類(みかんやレモンなど)の栽培には適地とはされていませんでした。

しかし、じゃばらは冬季気温が低い山間地によく育つ特性があるため、柑橘系でありながら北山村の気候、環境にジャストフィット。現在は9ヘクタールの農園で8000本が植栽されています。

日本唯一の飛び地村ということもあり、じゃばらがこの地域だけで自生してきたという理由も納得です。

また北山村は東西の日本文化が出合う中間の地域だそうで、近隣で文化の違いを実感できます。
例えば正月に食べる雑煮は、和歌山県北部・中部地域から田辺市周辺にかけては西日本型の「丸餅、白味噌仕立て、餅焼かず」が中心。具材は里芋・大根・人参・豆腐・ネギ・かまぼこが使われています。
和歌山県南部から三重県西部、さらに奈良県南部にかけては東日本型の「角餅、油味、すまし仕立て」で、具材がほうれんそう、小松菜、かまぼこ。

では北山村のご家庭の多くは…?と聞くと「角餅、醤油味、すまし仕立て」が主流だそうです。なんだかおもしろいですね。

じゃばら収穫祭と「Seilan JABARA」がテレビで紹介されました!

じゃばらで村おこしに取り組む北山村がテレビで話題に!

平日の夕方に放送されている読売テレビの「かんさい情報ネット ten.」。

様々な情報を私たちに届けてくれる人気の番組ですが、なんと12月6日の特集で、北山村が取り上げられました!

今から放映内容を紹介しますが、より詳しく知りたい!という方は
下記URLで配信されているので、ぜひチェックしてみてください!


かんさい情報ネット ten./ http://www.ytv.co.jp/ten/feature/

まずは先日、大盛況だった「じゃばら里の収穫祭」の様子から紹介されました。じゃばらバーガーを美味しそうに頬ばるお客さんや、じゃばらの商品を笑顔で販売する村の人の姿は本当に楽しそう。

普段は450人が生活する北山村ですが、この日は2,000人を集客したとのことで、参加した私もビックリでした。

 

小さな村の地方創生へのチャレンジとは?

引き続き「かんさい情報ネット ten.」では、北山村の村おこしの様子が紹介されました。

名産物のじゃばらのおかげで全国から注目を集めている北山村。現在はじゃばら関連の商品が20種以上販売され、事業収入は驚きの3億5,000万円!しかし順風満帆にはいかず、村の人たちは様々な苦労を乗り越えたようです。

始まりはたった1本のじゃばらの木。果実に種がないため、村の人たちは原木から接ぎ木して増やすことに力を注ぎ、努力の結果8,000本まで増やすことに成功しました。その後、商品開発チームを立ち上げてじゃばらを商品化。しかし地域の売店で販売してもなかなか知名度が上がらない…と悩んでいたそうです。

そんな時に、花粉症防止のためにじゃばらを購入しているという情報を聞き、実際に調査。花粉症が改善されたと多くの声が寄せられ、たちまち口コミで話題に。北山村の人たちの努力が報われた瞬間でした。

※参考:「かんさい情報ネット ten.」中コメントより

 

じゃばらパワーを発揮する「Seilan JABARA」が紹介されました!

また「かんさい情報ネット ten.」では、じゃばらが持つ成分ナリルチンについてもクローズアップ。

大学と共同でじゃばらの研究に取り組む「ジャバラ・ラボラトリー」では、成分のナリルチンのパワーを突き止め、じゃばらの果皮に含まれるナリルチンを粉末に加工することについに成功!
そのジャバラ果皮由来成分を配合し、誕生した製品として「Seilan JABARA」をご紹介いただきました!

ジャバラ果皮由来の美肌成分に着目した「Seilan JABARA」はこれから期待されているスキンケアブランド。肌荒れやアトピー肌などの悩み持つ女性たちが輝けるようにさらに前進していきます!

じゃばらの収穫時期を迎えた北山村に行ってきました!

じゃばらを栽培する久保さんに取材させていただきました

「Seilan JABARA」の源となるじゃばら。
この果実がどのように育てられているのか、皆さんに伝えたい!
その思いを胸に、和歌山県の北山村へ足を運んできました。

立派な果実を収穫するまでには、やはり大変なこともあるようです。
今回お邪魔した農園でじゃばらを育てる久保さんにお話を伺いました。
「じゃばらは育つと黄色に熟すのですが、果実を狙って様々な動物がやってきます。じゃばらを守るために縄をかけたり、ブルーシートで覆うなど、じゃばら農家はいろいろ工夫しているんですよ」

聞けば、大きい農園では電気網を仕掛けて防ぐこともあるのだそう。
じゃばらは村の宝物として大切に育てられていることを知りました。

 

食べて美味しい、つけてスベスベ!果汁から皮まで利用できるじゃばら

ドレッシングやマーマレードなどじゃばらを使用した商品は数多く販売されていますが、そのルーツは村の皆さんがじゃばらをいろいろ工夫して食べていたからかもしれません。
そこで引き続き久保さんに、じゃばらのなるほど活用法をお聞きしました。

「おすすめの食べ方は“じゃばらヨーグルト”。じゃばらの果汁とはちみつと牛乳を混ぜて一晩冷蔵庫に入れておくと、翌日には爽やかなヨーグルトになりますよ。また寒い時期によく食べる鍋ものにもじゃばらの果汁が大活躍。独特の風味が素材をより引き立ててくれます」。

さらに、じゃばらの搾り皮を燗ざましのお酒に入れて1か月保管すると、自家製化粧水になるのだそう!

村の女性たちはじゃばらの力で肌もスベスベのようです。

 

今年も大盛況だった「じゃばらの里の収穫祭」

毎年、北山村の行事として開催される「じゃばらの里の収穫祭」。
じゃばらの魅力を堪能しようと、私たちも参加してきました!

イベント当日は予想を超えるたくさんの人で大賑わい。
じゃばらの商品がたくさん販売されるほか、様々な楽しい催しが開催されるため、皆さん楽しみにしているようです。

私たちもじゃばらからあげ、じゃばらでしめたさんま寿司など、じゃばら尽くしのグルメに舌鼓。
北山村イチオシのじゃばらバーガーも、もちろんいただきました!
ジューシーな鶏モモ肉の立田揚げに、じゃばらの風味が効いた甘辛いソースが絡まったヤミツキになる味わいは皆さんにもぜひ食べていただきたい逸品です。

また定番のじゃばらジュース早飲み大会にも参加してきました!
飲むのは、じゃばらの酸味に炭酸が合わさったオリジナルジュース。
参加者たちの酸っぱい顔に会場は大盛り上がりでした。

1日中たっぷりじゃばらを満喫できた収穫祭。
来年もまた参加したいです。

北山村で収穫時期到来!旬を迎えたじゃばらのパワーはスゴイ!

たわわに実ったじゃばらの収穫がスタート

和歌山県の北山村では11月よりじゃばらの収穫が始まりました。今年は目立った台風の被害もなく、冬によく雨が降ったので実も大きく成長。収穫は今月いっぱい続き、例年並みの約100トンの収穫を見込んでいるのだそう。

じゃばらは北山村の特産品として、実や果汁を使用した商品が発売されていますが、じゃばらの果皮に含まれる成分・ナリルチンの健康効果がネット上で話題になったことから、人気に火がついたと言われています。

またそのナリルチンの含有量が最も多くなる時期がなんと11月!この時期のフレッシュなじゃばらはますます人気の柑橘になりそうです。

 

村の人たちのじゃばら活用法とは?

最近ではじゃばら効果が口コミで広がり、ネットでの注文も増えていますが、村の人たちもじゃばらを食べているのでしょうか。

答えはもちろんYES。レモンやライム、かぼす、すだちなどと同じ香酸かんきつ類なので、そのまま搾った果汁を使用することが多く、お酒に入れたり、酢の代用にしたりと活用は様々です。

さらにじゃばらをお風呂に入れたり、手作り化粧水の材料にしたりとスキンケアにも活用。じゃばらは健康のほか、美容にも期待されている柑橘のようです。

 

じゃばらのバイタリティを活かしたスキンケア

美容をはじめとした様々な効果で話題になっているじゃばら。私たちもその特性に着目し、11月に収穫されたじゃばらを使用して「Seilan JABARA」を作っています。

「Seilan JABARA」は敏感肌のためのスキンケアブランド。じゃばら由来成分の「シトルスジャバラ果皮」を高配合し、肌に悩む方のスキンケアとして誕生しました。

今までになかったじゃばらのバイタリティを感じるコスメ。今後もその魅力を発信していきます。

敏感肌へのケアに期待!? じゃばらってどんな果実?

和歌山県の山村に眠る希少な果実・じゃばら

和歌山県にある山間の小さな村・北山村。そこで収穫されるじゃばらという柑橘果実をご存知ですか?

村では古くから「邪気を払う」と伝えられ縁起物として食べられていましたが、生産地が限られていたため、市場にはほとんど出回らない希少な果実でした。しかし、他の柑橘にはない風味とじゃばらの持つ栄養が明らかになり、最近注目を集めるようになったのです。

さらにじゃばらは、女性のお肌のケアをサポートしてくれることでも話題に。じゃばらは悩める女性の救世主だったのです…!

 

村の特産品として人気上昇中。様々な商品で登場

そもそもじゃばらは北山村に1本だけ自生していた自然雑種。やがてこれまでにない新しい品種であることが認められ、今では村の特産物として高い評価を得ています。

人気の理由はその独特な味や香り。酸味の後に残るほのかな苦みはほかの柑橘類とは異なり、さらに果汁も多いので料理の風味づけにピッタリ。

さらにドリンクや調味料、ジャム、マーマレードなど様々な加工品が販売され話題を呼んでいます。

 

じゃばらのナリルチン含有量にびっくり!

さらにじゃばらの魅力は味だけではなく、成分にもあります。

じゃばらの果皮にはナリルチンというフラボノイドが含まれているのですが、他の柑橘類に比べると、含有量が群を抜いてトップクラス!聞いたことのない
名前かもしれませんが、ナリルチンは私たちの健康に役立つとてもありがたい
成分なのです。

近年ではナリルチンの作用に関して、様々なメディアや学会で報告されているのだそう。その中のひとつの情報は、敏感肌でお悩みの女性にとって大きな朗報でした。さてどんなことがわかったのでしょうか…?

詳しくはこちらをチェック!
http://www.karakoto.net/jabara/index.html(からだにいいこと/WEB)

北山村で「じゃばらの里の収穫祭2017」が11月12日に開催!

じゃばらをテーマにしたお楽しみイベントが始まります!

和歌山県の北山村で毎年大盛況の「じゃばらの里の収穫祭」。地域資源である大自然と特産品であるじゃばらの収穫を祝うお祭りです。

今年は11月12日(日)に開催決定!当日、開催地のおくとろ公園ではたくさんの人がじゃばらを求めて集います。またじゃばら商品の販売の他、様々なステージやゲーム、抽選会、フリーマーケットなどが繰り広げられるため、老若男女が楽しめる内容に。

住民の温かい人柄やじゃばらの魅力に触れることができる収穫祭は、9時からおくとろ公園内にある邪払神社にて祈祷後、10時よりスタート予定です。

 

 

様々なステージで会場は大盛り上がり!

毎年、いろいろなステージで来客を楽しませてくれますが、今年も多彩な内容で期待も膨らむばかり。

例えばダンスチーム、フラダンスグループによるダンスステージや、和歌山県住みます芸人わんだーらんどによる漫才、じゃばらの早飲み、じゃばらの数当て大会など…笑いが絶えない催しがいっぱいです。

さらに最後には温泉入浴券や人気家電などが当たる抽選会も予定しているのだとか。1日中遊べるイベントなのでお友達同士や家族で訪れたいですね。

 

 

北山村イチオシのじゃばらバーガーを堪能しよう!

皆さんのお楽しみはやっぱりじゃばらの物産ブース。なかでも、お祭りや催事の時にしか登場しない、ご当地グルメのじゃばらバーガーはぜひとも味わいたい逸品です。

具材はじゃばらダレに漬けた鶏モモ肉の立田揚げにレタス、玉ねぎとボリュームたっぷり。甘酸っぱいじゃばらソースがアクセントに効いた、北山村ならではの風味ある味わいに仕上げています。

その他、じゃばら明太、じゃばら梅干しなど様々なじゃばら商品が盛りだくさん。どれも人気ですが、特にじゃばらバーガーは400個限定なので早めの購入がおすすめ。この機会にじゃばらを思いきり満喫してみてはいかが?

日時/平成29年11月12日(日)10:00〜15:30(小雨決行・荒天中止)
場所/おくとろ公園(北山村下尾井476)
問い合わせ/北山村青年会 ☎0735-49-2331(北山村役場内 平日9:00〜17:00)

トラブル肌をケアするための美容ブログがスタート

本物志向のスキンケアで悩みゼロの肌を目指しませんか?

日によって気温の差が激しい季節の変わり目は、いつも以上に肌がデリケートになりがち。カサカサと乾燥したり、ゴワゴワと硬くなったり、さらにはかゆみやかぶれ、アトピーなど、肌トラブルに悩む女性も多いのでは?

肌が弱いとメイクやファッションも楽しめないし、特にアトピー肌の女性はかわいいスキンケアグッズを持つなんて夢の話。肌に合うかどうか、オーガニックかどうか、敏感肌専用か…などを基準にしてコスメを選んでいた女性もきっと多いはず。

そこでこのブログでは敏感肌、乾燥肌、アトピー肌など様々なトラブルを抱える女性たちに、悩みに合わせた美容法やケアグッズ、イベント情報などをお届けします。

まず私たちが注目したのは美肌効果が期待される“じゃばら”という柑橘フルーツ。じゃばらの成分が肌へ働きかけ、すこやか肌へと導いてくれると注目が高まっているのです。

これから皆さんが笑顔あふれる人生を前向きに楽しめるように…一緒に悩みと向き合って解決していきたいと思います。