春は肌悩みがいっぱい!?

春は1年の中でもっとも肌不調を感じやすく、実際に肌の調子が悪くなりやすい季節だった!!

日焼けをする夏や乾燥しやすい冬と比べて、穏やかな春は肌の負担が少ない…なんて思っていませんか?

多くの女性がもっとも肌の不調を感じている季節は、手ごわい真冬を飛び越えて春が多いそう。

春は何かと新しい環境に飛び込むことが多い時期。まだ慣れていない生活を送ることで、十分な睡眠がとれずに食生活も乱れがち…結果ストレスがたまりやすくなって肌にも影響しているようです。

また肌が春の気温の変化に合わせようとして肌の皮脂量が一定に保たれないため、肌が不安定な状態になってしまいます。さらに花粉が飛散するのも肌荒れの原因のひとつ。

このように、春に起こる様々な要因が肌不調を招きやすくしていることがわかりました。

春は新たな出会いなどもあり、ベストな肌コンディションを持続させていたいもの。

「肌のお手入れは、他の季節よりも手抜きしている…」という人はもう一度スキンケアを見直してみた方がいいかもしれません。

 

春の肌不調を解消できる具体的な対策とは?

肌不調を感じやすく、実際に肌に悩みを抱えやすい春。
ではどうすれば肌を健康に導くことができるのでしょうか。

それは毎日の生活習慣の改善と正しいスキンケアで肌のバリア機能を保つこと。以下のことを実践してみましょう。

・規則的なバランスの良い食事
食事はできたてのものを温かいうちにいただきましょう。
また肌にとって必要なβカロテンを多く含むかぼちゃ、にんじん、ピーマンなどの緑黄色野菜を積極的に摂取すると良いでしょう。
春の旬野菜なども栄養価が高くおすすめです。

・身体を冷やさない
就寝前に一杯の白湯を飲むと、体が温まって睡眠も深くなります。
消化促進効果もあるので、翌日に胃もたれもなく、さらに便秘解消にもなります

・夜の23時頃までに寝る
入眠してから3~4時間の間に肌の新陣代謝を促進するホルモンが分泌。
夜残業などをして遅くなってしまう人も、23時頃までには寝るように心がけましょう。

・保湿を意識したスキンケア
洗顔時の洗い過ぎは、肌にとって必要な常在菌も洗い流してしまい、ドライスキンの原因に。
必要な皮脂を残した状態で保湿をすると浸透性がアップします。

「Seilan JABARA」には、保湿成分や肌が持つ本来の機能を助けて肌荒れを防いでくれる「オリジナル エモリエント成分ナノセラミド」を配合。肌の角層まで潤いを届けることができるので春のスキンケアにオススメです。

肌不調を感じたらスペシャルケアにチャレンジするより、日々のケアを丁寧に行うことが大切。

食事で少し野菜を多めに摂る、ジュースをやめて白湯にする、保湿効果のあるスキンケアを選ぶなど、できるところから始めてみましょう。