地元・北山村発!じゃばら風呂のすすめ

北山村で健康湯として親しまれるじゃばら風呂

じゃばらは独特な酸味や風味が特長の柑橘類。
その果実&果汁を使用したジュースや調味料、スイーツが人気です。

しかし地元の人にうかがうと、食品以外にもじゃばらのパワーを利用する方法があるのだそう。

それはズバリ「じゃばら風呂」です。

じゃばら風呂とは、その名の通りじゃばらをお風呂に入れて健康や美肌へ導く薬湯のこと。

方法はじゃばらをそのまま丸ごと、もしくは搾りカスを布袋に詰めて浴槽に浮かべるだけ。すると柑橘ならではのフレッシュないい香りが漂い、肌を包み込んでくれます。

これだけでも十分なリラックス効果が期待できそうですが、なんだか肌がすべすべになっていい調子。
じゃばら風呂に浸かると肌の血行を促進し、乾燥が気になる方はもちろん、敏感肌の方にもこの時期に嬉しいお湯だそうです。

早速、トライしてみたいですね!

 

たくさんの方がじゃばら風呂の虜に!

最近では、香り良し、肌に良し、健康に良しとされるじゃばら風呂に魅了される人が続出し、数々の銭湯で取り入れられるようになりました。

「Seilan JABARA」も皆さんにじゃばら風呂を体験してほしいと、
大江戸温泉物語浦安万華郷で「じゃばら薬湯」を昨年の12月に開催!

じゃばらの果皮をふんだんに配合したバスポプリから抽出したお湯で、敏感肌や乾燥肌の方々に喜んでいただきました。

12月22日の冬至と1月1日の元旦には贅沢にもじゃばらの果実を100個お湯に投入!
今回のイベントでじゃばらのチカラを感じ、心身ともにリフレッシュいただけたようです。

ご好評のため、今後も「じゃばら薬湯」を楽しんでいただくイベントを企画中。

乞うご期待ください!