じゃばら収穫祭と「Seilan JABARA」がテレビで紹介されました!

じゃばらで村おこしに取り組む北山村がテレビで話題に!

平日の夕方に放送されている読売テレビの「かんさい情報ネット ten.」。

様々な情報を私たちに届けてくれる人気の番組ですが、なんと12月6日の特集で、北山村が取り上げられました!

今から放映内容を紹介しますが、より詳しく知りたい!という方は
下記URLで配信されているので、ぜひチェックしてみてください!


かんさい情報ネット ten./ http://www.ytv.co.jp/ten/feature/

まずは先日、大盛況だった「じゃばら里の収穫祭」の様子から紹介されました。じゃばらバーガーを美味しそうに頬ばるお客さんや、じゃばらの商品を笑顔で販売する村の人の姿は本当に楽しそう。

普段は450人が生活する北山村ですが、この日は2,000人を集客したとのことで、参加した私もビックリでした。

 

小さな村の地方創生へのチャレンジとは?

引き続き「かんさい情報ネット ten.」では、北山村の村おこしの様子が紹介されました。

名産物のじゃばらのおかげで全国から注目を集めている北山村。現在はじゃばら関連の商品が20種以上販売され、事業収入は驚きの3億5,000万円!しかし順風満帆にはいかず、村の人たちは様々な苦労を乗り越えたようです。

始まりはたった1本のじゃばらの木。果実に種がないため、村の人たちは原木から接ぎ木して増やすことに力を注ぎ、努力の結果8,000本まで増やすことに成功しました。その後、商品開発チームを立ち上げてじゃばらを商品化。しかし地域の売店で販売してもなかなか知名度が上がらない…と悩んでいたそうです。

そんな時に、花粉症防止のためにじゃばらを購入しているという情報を聞き、実際に調査。花粉症が改善されたと多くの声が寄せられ、たちまち口コミで話題に。北山村の人たちの努力が報われた瞬間でした。

※参考:「かんさい情報ネット ten.」中コメントより

 

じゃばらパワーを発揮する「Seilan JABARA」が紹介されました!

また「かんさい情報ネット ten.」では、じゃばらが持つ成分ナリルチンについてもクローズアップ。

大学と共同でじゃばらの研究に取り組む「ジャバラ・ラボラトリー」では、成分のナリルチンのパワーを突き止め、じゃばらの果皮に含まれるナリルチンを粉末に加工することについに成功!
そのジャバラ果皮由来成分を配合し、誕生した製品として「Seilan JABARA」をご紹介いただきました!

ジャバラ果皮由来の美肌成分に着目した「Seilan JABARA」はこれから期待されているスキンケアブランド。肌荒れやアトピー肌などの悩み持つ女性たちが輝けるようにさらに前進していきます!